脱毛 種類

脱毛方法の種類・違いについて

脱毛にはレーザー脱毛や光脱毛など複数の方法があります

 

脱毛とは毛を抜くことだ、というのは
こちらで説明しました。⇒ 脱毛・除毛・抑毛の違いについて

 

ただ、脱毛といってもその方法もまた様々あります。
主に医療機関で採用されているレーザー脱毛や、
エステや家庭用脱毛器で多く取り入れられている光脱毛、
そして一部のエステで採用されている針脱毛などです。

 

 

脱毛の種類によっては痛みが生じるもの、効果がなかなか現れないものがあります。

 

ここでしっかり覚えてくださいね。

レーザー脱毛

レーザー脱毛は本来、医療機関のみで許可されている方法です。
脱毛の効果はとても優れているのですが、効果が強い分、
肌に与える影響も他の方法に比べると強いということになります。

 

だからこそ、医師の監視の下で行われる脱毛だと言えます。

 

針脱毛に比べると痛みは少ないですが、それでも人によっては多少の痛みはあります。

 

レーザーは主に黒や茶色に吸収されるレーザーを皮膚に照射し、
毛や毛根だけに対してダメージを与え、脱毛するという方法です。

 

日焼けをしている場合やシミやホクロなどの肌が黒ずんでいる部分は脱毛効果は無く、
レーザーを照射されると痛みや火傷を起こす危険があります。

 

 

 

またレーザー脱毛は成長期の毛に対してのみ、効果を発揮します。

 

レーザー脱毛後に生えてくる毛というのは、
まだ成長期に入っていなかった毛が成長して伸びてきたものです。

 

 

そのため、1回だけの照射では完全に脱毛はできず、
数回から数十回、照射しないと完全に脱毛することはできません。
(個人差があります)

 

針脱毛に比べると圧倒的に傷みは軽減され、時間も大幅に短縮されます。

 

医師の監視のもとで行われるという点で安全性には優れています。

光脱毛

主にエステや家庭用脱毛器で採用されている方法で、
フラッシュ脱毛やIPL脱毛、プラズマ脱毛など、エステ独自のネーミングが付いていたりします。

 

元々、レーザー脱毛が医療機関でのみ許可された方法だったのに対して
出てきたのが光脱毛です。

 

レーザー脱毛と原理はよく似ていますが、
出力が弱く痛みもほとんどなく、安全性が高いのが特徴です。

 

その分、レーザーに比べると効果も弱くなります。

針脱毛

電気脱毛、ニードル脱毛とも呼ばれています。
簡単に言うと、針に電気を流して毛根を焼く脱毛方法です。

 

以前は針脱毛はかなりの激しい痛みを伴いましたが、
技術の進化に伴い、絶縁針(針の先端以外は絶縁加工を施してある器具)などの開発や、
エステサロン独自のノウハウにより、痛みはかなり軽減されています。

 

針脱毛のメリットは

 

・レーザー脱毛を受けられない人でも脱毛できる(日焼けやホクロに影響されない)
・1本1本脱毛するので確実
・ひげなどのデザイン脱毛も可能
・永久脱毛も可能

 

といった点があります。

 

また、デメリットも多く、
・痛みが伴う
・1本1本なので時間がかかり、何度も通わなければいけない
・費用がかさむ

 

ということが挙げられます。

 

 

痛みに関してはエステ独自の技術が進んでおり、
「ほとんど痛みはない」ということを売りにしているエステもあります。

 

1本1本確実に脱毛できるので、デザイン脱毛には向いていると言えます。

それぞれに特徴があるので目的に合ったものを選ぶ

それぞれの脱毛方法にメリット・デメリットは必ずあります。
脱毛したいという目的は人それぞれなので、
選ぶ方法もまた人それぞれに合った方法があるということです。

 

 

例えば、髭をデザイン脱毛したい人にレーザー脱毛は向きませんし、
痛みに敏感な方には針脱毛は向かないでしょう。

 

そして、どの方法を見ても、
それなりに回数と期間が必要だということです。

 

1回でツルツルなんてことはまずあり得ません。
だからこそ、エステにしろ、医療機関にしろ、
回数をパック料金にしている所が多いのです。

 

あなたの目的に合わせて、上手に賢く選びましょう。

脱毛方法の種類・違いについて関連ページ

エステ、医療機関、家庭用脱毛器の比較
エステ、医療機関、家庭用脱毛器の比較を解説しています。