脱毛方法 比較

エステ、医療機関、家庭用脱毛器の比較

3つの脱毛方法、エステ・医療機関・家庭用脱毛器

ムダ毛を脱毛するには主に3つの方法があります。

 

・エステで脱毛
・医療機関で脱毛
・家庭用脱毛器で脱毛

 

それぞれにメリット・デメリットがありますので、
これらの特徴をここで詳しく見ていきましょう。

エステでの脱毛

脱毛といえば、エステでの脱毛が一番人気です。
エステ独自の技術やノウハウを確立していますし、
脱毛のプロが施術してくれるので、安心して脱毛できます。

 

また事前にカウンセリングもあり、どの部位をどのように脱毛したいのか、
予算はどの程度か、などをスタッフと細かく打ち合わせができます。

 

 

エステで使用される脱毛方法は、主に光脱毛です。
光脱毛の特徴はこちらでも書いていますが、
まずは痛みがなく安全だということです。

 

レーザーに比べると効果は落ちますが、
繰り返すことによって満足のいく結果が得られるでしょう。

 

そしてなんと言ってもここ最近はとてもリーズナブルになっています。
どこのエステも競ってキャンペーンなどを企画していますし、
無料で体験できるところも少なくありません。

 

ただし、勧誘がしつこいエステもあると聞きます。
事前にしっかり確かめましょう。

 

エステによっては、美容電気脱毛(針脱毛)を取り入れているところもあり、
痛みに関しては独自の技術でカバーしているようです。
美容電気脱毛は確実に脱毛が出来る点と、自由にデザインできるというメリットもあります。

 

エステ脱毛のメリット
・光脱毛の場合、レーザーと比べても痛みが無く安全
・脱毛のプロに任せることが出来る
・仕上がりがとても綺麗
・費用が安い
・デザイン脱毛ができる(針脱毛の場合)

 

エステ脱毛のデメリット
・レーザーと比べると効果が弱いので通う回数も多くなる
・完全に脱毛できない(時間が経つと生えてくる)

 

エステ脱毛に向いている人は
・肌が敏感で刺激や痛みに弱いひと
・リーズナブルな料金で済ませたい人
・ひげなどデザイン脱毛をしたい人(一部エステでの針脱毛による)

 

おすすめの女性向け脱毛エステはこちら

 

おすすめの男性向け脱毛エステはこちら

医療機関での脱毛

医療レーザー脱毛と言われている脱毛方法です。
そもそもレーザーは医療機関でしか取り扱いができません。

 

医療機関以外のレーザーというのは出力を大幅に抑えてあります。

 

 

レーザーは脱毛としてはとても強力で効果があります。
多少の痛みを伴うこともあり、肌が弱い方なら多少皮膚に影響がでる危険性もあります。

 

だからこそ、医療機関でのみ許可された方法で、
受ける前には医師による十分な診察があり、安心して受けることができます。

 

ただしムダ毛処理は「治療」とは認められず、保険は適用外で、
エステより高額になる場合がほとんどです。

 

医療機関によっては、永久保証が付いている所もあり、
規定回数を超える場合は無料となっている所もあります。

 

 

レーザー脱毛のメリット
・脱毛効果は抜群に良い
・医師による施術なので安心
・永久脱毛が可能

 

レーザー脱毛のデメリット
・多少の痛みを伴う場合も
・日焼けなどで肌が黒い場合は受けられない場合も
・エステより高額

 

エステ脱毛に向いている人は
・確実に脱毛したい(永久的に)
・医師のもとで安心して脱毛したい

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器は光脱毛がほとんどで、
最近はエステの脱毛器と比べても機能的に遜色ない優れた機種も出ています。

 

周辺の肌への影響や痛みはほとんどありませんので、
自宅で自分で簡単に脱毛が出来るということでとても人気です。

 

 

中にはレーザー脱毛器もありますが、
これはもちろん医療レーザーとは出力が比べ物にならず、
しかも痛みも伴う可能性もあります。

 

光脱毛に比べると効果は高いようです。

 

家庭用脱毛器のメリットは何と言っても自宅でできるという点に尽きます。
エステや医療機関に高いお金を払って通うのは面倒だという人にはピッタリです。

 

 

ただし、エステは最近はとてもリーズナブルになってきました。
部位によっては、家庭用脱毛器の方が高額になるケースもあります。

 

確実に安心して脱毛したいなら、エステや医療機関で、
お手軽に自宅で脱毛したいなら家庭用脱毛器でいいでしょう。

 

腕やすねなど、肌への影響が少ない部位でまずは試してみるといいですね。

 

おすすめの家庭用脱毛器はこちら

エステ、医療機関、家庭用脱毛器の比較関連ページ

脱毛方法の種類・違いについて
脱毛方法の種類・違いについて解説しています。